新規
アカウント
作成
(無料)
ANALYSIS

分析事例

分析事例
Q

コンテキストが
マッチしていると
何が起きるのか?

アプローチ

脳波調査による満足感の検証

モニターを2グループに分けて、一方のグループにはテレビ番組とマッチするCMの組合せを、もう一方のグループには同じテレビ番組とマッチしないCMの組合せをそれぞれ連続して視聴してもらい、視聴時の満足感を脳波により測定しました。

結果

マッチスコアが高い方が、
番組を視聴している際の
満足感を損なわない

調査の結果、テレビ番組からCMに切り替わった後、マッチしているCMの方が満足感を損なわないことが分かりました。
番組視聴時の気持ちをCM時にも引き継いでいると考えられ、満足感を損なわないのであれば、より高い広告効果が期待することができます。

Q

コンテキストが
マッチしていると
マーケティング効果
は上がるのか?

コンテキストが
マッチしていると
マーケティング効果
は上がるのか?

アプローチ

ブランドリフト調査による検証

VR CUBICで、2週間のテレビ視聴記録からモニターの対象CM接触時のマッチスコアを算出し、マッチスコア高低の2グループに分けて、ブランドの興味関心・購入意向等をアンケートで調査しました。

結果

コンテキストがマッチしている
TVCMに接触した生活者の方が
興味・購入意向が高くなる

CM接触時のマッチ度が高い方がブランドに対してポジティブな評価をすることがわかりました。特に、興味関心、購入意向、推薦意向で顕著に違いが見られます。